【佐藤清隆先生と行く!メキシコ カカオ農園視察ツアー】のご案内

★ビーントゥバーチョコレートを愛する皆さまへ朗報!★

【佐藤先生と行く!メキシコ カカオ農園視察ツアー】のご案内

旅行日程:2018年4月8日~15日(8日間)
旅行代金:439,800円
申込締切:2018年1月26日※定員になり次第締切となります。
特  典:カカオとチョコレートのサイエンスロマン無料進呈

ビーントゥバーチョコレートが世界的な広がりを見せる中、原材料であるカカオ豆への関心が高まっています。この旅行では、佐藤清隆先生(広島大学名誉教授、工学博士)とともに、メキシコのカカオ農園・カカオ研究機関を訪問します。

◯企画の背景と参加のススメ

近年、チョコレートの需要は世界的に拡大していますが、カカオ豆の供給量はそれに見合った増え方をしていないため、カカオ豆の将来的な安定確保が危ぶまれています。また、ビーントゥバーチョコレートという新しいチョコレートの消費スタイルが広がりを見せています。このような背景により、チョコレートの原材料であるカカオ豆に対する関心が穀物商社や食品メーカー、パティシエやチョコレート愛好家を中心に広まっています。

そこでこの研修旅行では、人類が初めてカカオを栽培した記録のあるメソアメリカの中心地であるメキシコを訪れ、カカオの研究機関(INFAP)とソコヌスコ地方のカカオ農園を視察します。INFAPはメキシコの国立研究所であり、さまざまなカカオが栽培・研究されています。ここでは、研究者との討論に加え、研究所が保有するカカオ農園(試験場)も見学します。また、ソコヌスコ地方は最高級品種である「ロイヤル・ソコヌスコ(クリオロ種)」が生産されているメキシコで最も重要なカカオ産地です。

研修のプラン・コーディネートはチョコレート研究の世界的権威である佐藤清隆先生の手によるもので、先生は終始私たちに帯同し、各訪問先で解説や通訳をしていただきます。通常では見学の難しい場所を先生の解説とともに回るという大変貴重な研修となっています。公私を問わず、チョコレートとカカオに関心のあるみなさまの参加をお待ちしています。(原文ママ)

詳細は下記のパンフレット画像をご覧下さい!

お申込みをご希望の方は、下記のフォームからご連絡いただくか、
(株)テックデザイン 井戸さんまでご連絡下さい(TEL03-6261-7920)。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。